下斗米研究室員                       (2019年9月29日現在)

◇過年度卒業研究テーマ(論文題目)

 「社会的逸脱への問題視の過大・過小性:不合理に扱われている人への理解」
 「デマ・流言の生成過程について:関心、印象、話題性、構えからの分析」
 「TV広告の構造が購買意欲に及ぼす効果に関する研究:パスダイアグラムモデル」
 「テレビCFの訴求形式が計画・非計画購買商品の購買意向に及ぼす効果についての研究」
 「購買計画の有無とテレビCFの訴求型式が購買意向に及ぼす効果に関する研究」
 「広告が企業イメージに及ぼす影響について:CMにより企業イメージが影響を受ける次元」
 「CMCの全体的構造に関する探索的研究:FTFとの並列的比較を通して」
 「CMCとFTFの心理的機能の独自性と共通性」
 「なぜメールで全ての用事を済ませてはいけないのか?:CMC・FTFの選択過程とそれらの機能的意味」
 「暴力映像の評価構造と表現方法についての研究:視聴者の観点に基づく類型を通して」
 「血液型ブームの裏にある人間性を探る」
 「血液型性格関連説と集合的同一性確立との関係について」
 「ゴミの放置問題における違反抑止メッセージの効果についての実験研究」

 「集団規範と個人規範の付近構成の適応的処理過程に関する研究」
 「集団の生産性と凝集性に至るチームワーク生起過程モデルの検討」
 「集団間現象の認知的要因について」
 「社会的文脈における情報の伝達・圧縮・速度:ストループ課題を用いた社会的促進の研究」
 「集団間行動の発生機序を探る実験的研究:社会的アイデンティティ理論の観点から」
 「作業の成功・失敗が集団の同一化・異質化に及ぼす効果」
 「討議場面の構造とパーソナリティが同調性に及ぼす効果」
 「態度変容における3成分(認知・感情・行動)のダイナミックス」
 「同調における集団凝集性の効果」
 「能動的同調に対する自己意識と自尊心の影響について」
 「大人社会と子供社会に共通するいじめの要素分析:黒い羊効果に関する実験研究」
 「依存度選択型囚人のジレンマによる信頼感と協調行動の発生メカニズム」

 「親子関係における勢力基盤と情緒的態度との関係についての発達的研究」
 「現代の父子関係システムにおける親役割の機能:父親不在の問題に向けて」
 「両親の関係性が配偶者選択に及ぼす効果に関する研究」
 「家庭問題を巡る外集団からの二重の苦悩に関する研究:ステレオタイプや偏見とサポート要請の観点から」
 「家族成員の、社会的参画および心理的親密さの充足状況が孤独感発生に及ぼす効果」
 「社会的参画感及び心理的親密さの充足が人の適応度に及ぼす効果」
 「他者からみた期待が内発的動機付けに及ぼす効果について」

 「反映的自己の生起プロセスの多様性と自己への影響様態に関する研究」
 「親密化過程における交換原理の推移と原理成立要件としての共感性機能について:関係良好さ発生基盤研究」
 「対人関係の親密化に伴う葛藤原因の推移」
 「対人関係の親密化過程における発達的差異」
 「対人葛藤場面における原因帰属の研究」
 「Leeの色彩理論(恋愛類型)に基づく大学生の恋愛観とその規定因」
 「現代青年の結婚観における性差:Ideal marriage scaleの標準化と男女意識のズレ」
 「恋愛と好意の構成要素とそこに介在する性差について」
 「交際相手の選択における規定因の重要性:恋人選択と配偶者選択との差異」
 「恋愛関係における社会的勢力認知が自己評価及び恋愛感情に与える効果:自己評価維持モデルの観点から」
 「告白行動の類型化とその規定因に関する研究〜告白で泣かないために〜」
  「恋愛・友人関係における初段階とその特徴:PDR形成の規定要因へのアプローチ」
 「Mate Selectionにおける期待理由と期待形成過程に関する研究:特性所有・非所有と恋人・結婚相手間比較」

 「外傷体験による傷つきの多様性と適応的自己回復・介入効力との関連:傷つき苦しむ人たちに向けて」
 「自責を伴う傷つき事態における立ち直りに関する研究:当事者視点による他者の対応効果の検討」
 「社会的文脈における自尊感情の変動因に関する研究:特性・状態自尊感情の関連メカニズムの理解」
 「怒りの制御を規定する心理特性の探索:制御機序への理解へ向けて「
 「いじめ・いじめられ経験の長期的影響とひきずりの差異」
 「対人的自己効力感尺度の作成:外傷体験受容プロセスへの理解に向けて」
 「青年期心性としての満たされ感類型におけるメカニズム研究:構造及び自己への心理的影響の理解に向けて」
 「価値観の確立度と内容における日本と台湾大学生の比較研究」
 「言語における文章表現の多様性:理解容易性とおかしみの観点から」
 「エニアグラム類型におけるストレス対処方略の差異について」
 「対人不安における感情制御について」
 「2者間の相互作用過程における非言語的行動チャネルと状況要因が及ぼす効果」
 「態度変容および好意に対するノンバーバルコミュニケーションの機能」
 「孤独感と自尊心の関係について:原因帰属という観点から」
 「喪失体験に伴う孤独感が自己成長を促す側面についての一考察」
 「自己不一致と社会的適応・不適応との関係に関する研究」
 「社会心理学的観点からの抑うつ構造の検討」
 「懸念的被透視感に含有される感情により懸念的被透視感の生起要因及び対処行動に関する研究」
 「大学生の自己嫌悪感生起エピソードの構造に関する研究」                         など多数。


卒業研究

◇進行中研究テーマ
 
 「心理的距離の調整基盤としての自己過程の検討」; 「印象管理における当事者間の相互規定性に関する研究」
 「自己演出動機の階層性と現実性構築に関する研究」; 「若者の現代文脈の変質生成と同化・調節機序に関する研究」
 「蛙化現象の構造と生起機序の実証的理解」;「ペットの生理社会心理的効果の検討:ペットと友人の等価性と独自性」
 「対人関係の親密化過程における安定性の管理機序の検討」; 「幸福感の生起過程と機能に関する研究:幸福感に
 包まれる瞬間とは」

大学院修士課程修了     遠藤智樹  原 和宏   熊谷朋之
              伊藤真弓  臼井なぎさ

大学院博士課程修了     大和田智文(博士号取得) 小澤拓大

大学院博士課程       吉田光成

学部4年次生        上川凜々 伊藤 翼 鳥居本汐里 山田茉奈
              原島明日華 石川雄登 三浦優奈 村松夏帆

学部3年次生        酒井里紗 渋谷勇樹 長谷川舞 徳間鈴菜
              小野拓也 後藤日奈子