HOME > 業績

Journal Articles(論文)

  1. Shibuya, Y., Okada, K. Ogawa, T., Matsuda, I. & Tsuneoka, M. (2018). Hierarchical Bayesian models for the autonomic-based concealed information test. Biological Psychology, 132, 81-90. doi:10.1016/j.biopsycho.2017.11.007 [LINK] [Preprint]
  2. Okada, K. & Mayekawa, S. (2017). Post-processing of Markov chain Monte Carlo output in Bayesian latent variable models with application to multidimensional scaling. Computational Statistics, in press. [Preprint]
  3. 岡田謙介 (2017). ベイズ統計的アプローチによる多次元尺度構成法:レビューと個人差を考慮した心理学実験データへの応用. 計算機統計学, 印刷中.
  4. 山口一大・岡田謙介 (2017). 近年の認知診断モデルの展開. 行動計量学, 44, 181-198. [LINK] [Preprint]
  5. 山口一大・岡田謙介 (2017). TIMSS2007の日本人サンプルを用いた認知診断モデルと項目反応理論モデルの比較. 日本テスト学会誌, 13, 1-16. [Preprint]
  6. Okada, K., Vandekerckhove, J. & Lee, M.D. (2017). Modeling when people quit: Bayesian censored geometric models with hierarchical and latent-mixture extensions. Behavior Research Methods. Online Ahead of Print. doi:10.3758/s13428-017-0879-5 [LINK] [Preprint] [OSF](R code)
  7. 北條大樹・岡田謙介. (2017). 評定尺度における反応傾向を考慮した係留寸描データのベイズ的項目反応モデル. データ分析の理論と応用, 6, 113-125. [OSF](R code)
  8. Okada, K. & Hoshino, T. (2017). Researchers' choice of the number and range of levels in experiments affects the resultant variance-accounted-for effect size. Psychonomic Bulletin & Review, 24, 607-616. [Link] [Preprint] [OSF](R code)
  9. Okada, K. (2017). Negative estimate of variance-accounted-for effect size: How often it is obtained, and what happens if it is treated as zero. Behavior Research Methods, 49, 979-987. [Link] [Preprint] [Suppl] [OSF](R code)
  10. 岡田謙介・加藤淳子 (2016). 政治学における空間分析と認知空間:個人差・集団差を考慮した多次元尺度法の展開と実証分析. 行動計量学,43, 155-166. [LINK]
  11. Okada, K., & Lee, M.D. (2016). A Bayesian approach to modeling group and individual differences in multidimensional scaling. Journal of Mathematical Psychology, 70, 35-44. [LINK] [Preprint]
  12. Kusumi, T., Yama, H., Okada, K., Kikuchi, A., & Hoshino, T. (2016). A national survey of psychology education programs and their content in Japan. Japanese Psychological Research, 58, 4-18. [PDF]
  13. Okada, K. (2015). Bayesian meta-analysis of Cronbach's coefficient alpha to evaluate informative hypotheses. Research Synthesis Methods, 6, 333-346. [LINK]
  14. Takahashi, Y., Okada, K., Hoshino, T., & Anme, T. (2015). Developmental trajectories of social skills during early childhood and links to parenting practices in a Japanese sample. PLoS One, 10(8): e0135357. [PDF]
  15. 波田野結花・吉田弘道・岡田謙介 (2015). 教育心理学研究における p 値と効果量による解釈の違い. 教育心理学研究, 63, 151-161. [PDF]
  16. 岡田謙介 (2014). ベイズ統計による情報仮説の評価は分散分析にとって代わるのか? 基礎心理学研究, 32(2), 223-231. [PDF]1
  17. Nishiyama, T., Suzuki, M., Adachi, K., Sumi, S., Okada, K., Kishino, H., Sakai, S., Kamio, Y., Kojima, M., Suzuki, S., Gruber, C.P., Constantino, J.N., & Kanne, S.M. (2014). Comprehensive comparison of self-administered questionnaires for measuring quantitative autistic traits in adults. Journal of Autism and Developmental Disorders. 44(5), 993-1007. [LINK]
  18. Sakaiya, S., Shiraito, Y., Kato, J., Ide, H., Okada, K., Takano, K., & Kansaku, K. (2013). Neural correlate of human reciprocity in social interactions. Frontiers in Neuroscience. 7:239. doi: 10.3389/fnins.2013.00239. [PDF]
  19. Okada, K. (2013). Is omega squared less biased? A comparison of three major effect size indices in one-way ANOVA. Behaviormetrika, 40, 1-19. [PDF]
  20. Okada, K. (2012). A Bayesian approach to asymmetric multidimensional scaling. Behaviormetrika, 39(1), 1-14. [PDF]
  21. Kato, J. & Okada, K. (2011). Simplification and shift in cognition of political difference: Applying the geometric modeling to the analysis of semantic similarity judgment. PLoS One, 6, e20693. [PDF]
  22. 岡田謙介 (2011). クロンバックのαに代わる信頼性の推定法について. 日本テスト学会誌, 7, 37-50. [PDF]
  23. Okada, K. & Mayekawa, S. (2011). Bayesian nonmetric successive categories multidimensional scaling. Behaviormetrika, 38(1), 17-31. [PDF]
  24. Okada, K. & Shigemasu, K. (2010). Bayesian multidimensional scaling for the estimation of a Minkowski exponent. Behavior Research Methods, 42(4), 899-905. [LINK]
  25. 岡田謙介・繁桝算男 (2010). 小標本における選抜効果を補正する相関係数の推定について―最尤推定法とベイズ推定法のシミュレ・[ションによる比較― 日本テスト学会誌, 6, 63-74. [PDF]
  26. Okada, K. & Shigemasu, K. (2009). BMDS: a collection of R functions for Bayesian multidimensional scaling. Applied Psychological Measurement, 33(7), 570-571. [LINK]
  27. Okada, K., Kato, J., & Shigemasu, K. (2009). The structure of optimized stress function under different Minkowski metrics. New Trends in Psychometrics: Conference Volume of the 72nd International Meeting of the Psychometric Society, 377-386.
  28. 高橋雄介・岡田謙介・星野崇宏・安梅勅江 (2008). 就学前児の社会的スキル : コホート研究による因子構造の安定性と予測的妥当性の検討. 教育心理学研究, 56, 81-92. [PDF]
  29. 岡田謙介・星野崇宏・繁桝算男 (2007). 構造方程式モデリングにおける検定統計量のBartlett補正 教育心理学研究, 55, 382-392. [LINK]
  30. 星野崇宏・岡田謙介 (2006). 傾向スコアを用いた共変量調整による因果効果の推定と臨床医学・疫学・薬学・公衆衛生分野での応用について 保健医療科学, 55, 230-243. [PDF]
  31. Sakata, O., Okada, K., Kohyama, K., Shiina, T., & Saito, Y. (2005). Effect of variable propagation window parameter on multidimensional directed information. IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems, 125, 1387-1392. [LINK]
  32. 星野崇宏・岡田謙介・前田忠彦 (2005). 構造方程式モデリングにおける適合度指標とモデル改善について : 展望とシミュレーション研究による新たな知見 行動計量学, 32, 209-235. [PDF]

Books(書籍)

  1. M.D.リー,E.-J.ワーゲンメイカーズ (著) 井関龍太(訳) 岡田謙介(解説) (2017). ベイズ統計で実践モデリング:認知モデルのトレーニング. 北大路書房. [Amazon]
  2. 高井啓二・星野崇宏・野間久史(著) 星野崇宏・岡田謙介(編) (2016). 欠測データの統計科学. 岩波書店. [Amazon]
  3. 永野裕之(著) 岡田謙介(監修) (2015). 統計学のための数学教室. ダイヤモンド社. [Amazon]
  4. 千野直仁・佐部利真吾・岡田謙介 (2012). 非対称MDSの理論と応用. 現代数学社. [Amazon]
  5. 大久保街亜・岡田謙介 (2012). 伝えるための心理統計:効果量・信頼区間・検定力. 勁草書房. [Amazon]
  6. [分担執筆] 岡田謙介 (2014). 第10章 効果量のバイアスを調べるシミュレーション研究 in: 山田剛史 (編) Rによる心理学研究法入門. 北大路書房. [Amazon]
  7. [分担翻訳] 菅原ますみ(監訳) 松本聡子・室橋弘人・山形伸二・尾崎幸謙・松浦素子・高橋雄介・岡田謙介・宇佐美慧 (訳) (2014). 縦断データの分析II―イベント生起のモデリング 朝倉書店 [Amazon]
  8. [分担執筆] 岡田謙介 (2013). 第7章 人文科学分野キーワード in: 日本統計学会 (編) 日本統計学会公式認定 統計検定1級対応 「統計学」. 東京図書. [Amazon]
  9. [分担翻訳] 菅原ますみ(監訳) 松本聡子・松浦素子・尾崎幸謙・室橋弘人・高橋雄介・岡田謙介・山形伸二(訳) (2012). 縦断データの分析I ―変化についてのマルチレベルモデリング. 朝倉書店 [Amazon]
  10. [分担翻訳] 繁桝算男・岸野洋久・大森裕浩 監訳 (2011). ベイズ統計分析ハンドブック. 朝倉書店. [Amazon]
  11. [分担執筆] 岡田謙介 (2008). 因子分析 in: 繁桝算男・橋本貴充・大森拓哉 心理統計学 培風館, pp.177-206. [Amazon]
  12. [分担執筆] 猪口孝・岡田謙介 (2007). 自分の子どもにどのような大人になってほしいのか in: 猪口孝・田中明彦・園田茂人・ティムール・ダダバエフ(編) アジア・バロメーター 躍動するアジアの価値観 ―アジア世論調査(2004)の分析と資料― 明石書店, pp.339-352. [Amazon]
  13. [分担執筆] Inoguchi, T. & Okada, K. (2006). How would you like to see your son and daughter grow up? in: T. Inoguchi, A. Tanaka, S. Sonoda, & T. Dadabaev (Eds.) Human Beliefs and Values in Striding Asia. Akashi Shoten, pp.311-322. [Amazon]

Technical Reports and Book Reviews (紀要・書評・雑文等)

  1. 北條大樹・岡田謙介. (2017). ロジスティック型項目反応理論モデルにおけるJAGSとStanを用いた推定の比較評価. 専修人間科学論集心理学篇, 7, 15-23.
  2. 岡田謙介 (2016). アーバインの"Ame Otoko." 心理学ワールド, 75, 39.
  3. 小林哲朗・岡田謙介 (2016). 特集「計量政治学と行動計量学の接点」にあたって. 行動計量学, 43, 111-112.
  4. 岡田謙介 (2016). ベイズ統計学による心理学研究のすゝめ. サイナビ!ブックレットvol.8. ちとせプレス.[LINK] [1] [2] [3] [4]
  5. 岡田謙介 (2016). ベイズ推定による情報仮説の評価:その理論と各種モデルへの応用について. 専修人間科学論集心理学篇, 6, 9-17.
  6. 岡田謙介 (2015). 書評『続・心理統計学の基礎―統合的理解を広げ深める』. 書斎の窓, 2015年5月(639)号, 56-60. 有斐閣. [LINK]
  7. 岡田謙介 (2015). 心理学と心理測定における信頼性について:Cronbachのα係数とは何なのか,何でないのか. 教育心理学年報, 54, 71-83. [PDF]
  8. 岡田謙介 (2013). MULTISCALE による最尤多次元尺度構成法. 専修人間科学論集心理学篇, 1, 91-98.
  9. 岡田謙介 (2011). クロンバックのα係数とは何だったのか:信頼性係数のレビューと実データ分析. 専修人間科学論集心理学篇, 3, 61-70.
  10. 前田忠彦・岡田謙介 (2007). 因子分析入門 ―言語テスティング・データのための多変量解析― 統計数理研究所共同研究リポート, 200, 61-97.
  11. 岡田謙介 (2002). 自然界におけるパターン形成の数学 ―自然・科学・人間― ΣΥΜΠΟΣΙΟΝ東京大学教養学部学生論文集, 6, 80-86.

Web articles (オンライン記事)

  1. 西内啓・岡田謙介 (2015). 「頻度論」の学者と「ベイズ論」の学者が対談したら. ダイヤモンド・オンライン. [LINK]
  2. 西内啓・岡田謙介 (2015).「心理統計」の学者と「生物統計」の学者が対談したら. ダイヤモンド・オンライン. [LINK]

Conference presentations(学会発表)

Editorial boards(論文誌編集委員)

  • Behaviormetrika (2016年-現在)
  • Journal of the Japanese Society of Computational Statistics (2015年-現在)
  • Japanese Psychological Research (2015年-現在)
  • 行動計量学 (2015年-現在)
  • 心理学研究 (2015年-現在)
  • 日本テスト学会誌 (2015年-現在)
  • 応用統計学 (2014年-現在)
  • 教育心理学研究 (2013年-2015年)

Reviewer assignments(査読歴)

  • Annals of the Institute of Statistical Mathematics
  • Behavior Research Methods
  • Behaviormetrika
  • Compustaional Statistics
  • Journal of Experimental Social Psychology
  • Journal of Multivariate Analysis
  • Journal of the Japanese Society of Computational Statistics
  • Methodology
  • New Trends in Psychometrics
  • Psychometrika
  • Review of General Psychology
  • 応用数理
  • 応用統計学
  • 基礎心理学研究
  • 教育心理学研究
  • 行動計量学
  • 心理学研究
  • 心理学評論
  • 知能と情報
  • 統計数理
  • データ分析の理論と応用
  • 日本テスト学会誌
  • 日本統計学会誌
  • 大学入試センター研究紀要

1 本稿の公開に関しては日本基礎心理学会より許諾を受けています。